お問い合わせ先 / Contact Information

東京大学附属図書館ASKサービス https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/ask/
The University of Tokyo Library ASK Service https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/ask/?lang=1


TREE(UTokyo REsource Explorer)について

TREEの概要

TREE(UTokyo REsource Explorer)は、シンプルに、ひとつの検索窓から様々な学術情報のデータベースをまとめて検索できるサービスです。
TREEの検索対象となっている個々のデータベースの検索方法の違いや、データベースの使い分けを意識せずに、簡単にまとめて検索することができます。
ひとつの検索窓からまとめて検索することで、これまで個別には使ったことがなかったデータベースの収録情報を発見する可能性もあります。

TREEの検索対象

TREE(UTokyo REsource Explorer)は、各種データベースをまとめて検索できます。
各種の学術情報データベース・電子ジャーナル等のうち、提供元の協力が得られたものがこのサービスの検索対象となっています。

TREEの検索対象に入っていないもの

日本語の新聞記事データベース、CiNii Books等、TREEの検索対象に入っていないものは、データベースのリンク集 GACoS から個別のデータベースをご利用ください。

個別のデータベースを使う方が良い場合

「この情報を探すにはどのデータベースを使えばよいか」ということを既に知っている場合は、個別のデータベースを直接検索することをおすすめします。
また、TREEはひとつの検索画面から多数のデータベースの収録情報をまとめて検索するサービスですので、
個々のデータベース特有の検索支援機能を使いたい場合は、個別のデータベースを直接検索することをおすすめします。
(例)
・電子ジャーナルの「Nature」を読みたい⇒
E-journal & E-book Portal で「Title equals」の条件で「nature」で検索
・検索結果を被引用数の多い順に並べ替えたい⇒Web of Science コアコレクションで検索


参考テキスト / User Manual

「はじめての本や論文の探し方@東京大学」
※講習会テキスト(PDF)をご参照ください。
"First steps to search for books and papers @UTokyo"
*Please refer to the seminar text book.


TREE(UTokyo REsource Explorer)ヘルプ

フレーズ検索

TREEでは、“ ” を使ってフレーズ検索ができます。
(例)
・“教員教育” で検索 ⇒「教員教育」というフレーズを含むものがヒットします。「教員」と「教育」の間に別の言葉が入ったり、語順が入れ替わったりしません。

タイトルや著者名などを特定した検索

TREEでは、検索項目名:検索キーワード という入力方法で、検索項目(タイトル、著者名など)を指定して検索することができます。

(例)
title:夏目漱石 で検索 ⇒タイトルに「夏目漱石」という言葉を含むものがヒットします。
author:夏目漱石 で検索 ⇒著者名が「夏目漱石」であるものがヒットします。

複数の検索キーワードの組み合わせ

TREEでは、特に指定をしなければ、スペースを空けて入力したキーワードをすべて含むものが検索されます(AND検索)。

複数の検索キーワードを OR(大文字)でつなぐと、いずれかのキーワードを含むものが検索されます
(例)
・“教員教育” OR “教員研修”

複数の検索キーワードを NOT(大文字)でつなぐか、検索から除外するキーワードの前に -(マイナス)の記号を付けると、NOTまたは-(マイナス)の後ろのキーワードを含まないものが検索されます。
(例)
・“教員研修” NOT 小学校
・“教員研修” -小学校

その他の検索テクニック

TREEでは、文字の代わりとして、?(クエスチョンマーク) と *(アスタリスク) を使った検索ができます。
これらの記号は、語頭には使用できません。

?(クエスチョンマーク)は1文字の代わりとして、語中に使用できます。
(例)
・wom?n で検索 ⇒woman, womenがヒットします。

*(アスタリスク)は0文字の場合を含むすべての文字の代わりとして、語中または語尾に使用できます。
(例)
・colo*r* で検索 ⇒color, colour, colors, colours などがヒットします。

(上記の検索例は記号の使い方について説明する目的で挙げたものです。
実際には、TREEの検索機能により、これらの記号を使わなくても、単数形/複数形、表記のバリエーションを含めて検索されます。)

検索結果の保存・印刷

TREEの検索結果画面で、各文献情報の右端にある保存ボタンをクリックすると、画面右上のフォルダに一時的に保存できます。
画面右上のフォルダをクリックした画面から、保存しておいた検索結果を、
印刷、メール送信、文献管理ツールへの保存(RefWorks、EndNote、BibTex)をすることができます。


ブラウザサポート

TREEは、次のブラウザをサポートしています。